医療事務、調剤報酬事務について
講座について
よくある質問
 
医療事務、調剤報酬事務について
医療事務、調剤報酬事務とは?
医療事務とは? 病・医院の受付会計からレセプト(診療報酬明細書)の作成の業務です。
医療機関の経営面を支え、来院した患者さんと最初に接する医療機関の「窓口」としての役割も担うやりがいのある仕事です。
調剤報酬事務とは? 調剤薬局で医師の発行した処方せんに基づき、薬を調剤する際の、受付、薬剤料・調剤料の算定、調剤録と調剤報酬明細書(レセプト)の作成、患者の保険を確認し保険負担分の薬代を請求する手続きなどを行います。
 
人気の秘密
人材不足 医療機関は、人間が生きる上で必要不可欠な施設。だから、好不況にあまり影響を受けません。現在医療施設の数は着実に増え続けています。
また高齢化が進む現在、1人あたりの病医院や診療所の利用頻度もより高くなっていく傾向のため、医療事務技能者のニーズは高まっています。
働きやすい職場環境 短時間でもOK!!
医療事務は技能を必要とする専門職。「午前中だけ」「月末月初だけ」といった求人も多くあります。あなたの都合の良い短時間に働けて子育て・家事とも両立可能!
自宅の近くで働ける 病院・医院などは全国各地にあります。
又、医療事務の仕事は全国共通ですから引越し等した場合でも、その地域で働くことができます。